この時期に熱中症? 熱中症予防グッズと熱中症対策

この時期に熱中症?

今年の夏、熱中症になった人は去年のあの猛暑に迫るくらい発症しているそうです。
原因は寒暖の差がはげしいため油断してしまうことらしいです。
今年は去年のあの猛暑ほど連日暑いわけではないのに去年のあの猛暑にせまるほど熱中症にかかる人が多いのはそういうことらしいです。
季節はもう秋ですがこれから9月にかけて、また暑くなるとの予想が出ています。
熱中症には十分、注意しましょう。
寒暖の差がはげしいと体がついていかないようですね。

国立環境研究所で平成12年から東京都、横浜市、千葉市、川崎市、名古屋市、広島市の6都市で5〜9月に救急搬送された熱中症患者数を調査し、平成19年からは18都市に拡大した。調査によると、6都市では19年は2494人と過去最高を記録し、今年はすでに1801人(8月25日時点)と過去2番目。18都市では、19年が5102人で、今年は3946人(同)にのぼる。
国立環境研究所の発表によると「18都市の7月までの患者数は、昨年は約800人だったが、今年は2000人を突破した」とのこと。
気温、湿度、物体表面温度で構成する「暑さ指数」が上昇すると熱中症が増える傾向にあるが、今年7月の平均気温は27度と調査開始以来5番目。湿度や物体表面温度も平年並み。6月は平均気温21・3度で調査開始以来一番の低さだった。条件がそろわないのに発症するのはなぜか。専門家の意見によると「熱中症は体が暑さに慣れていないと発症しやすい。今年は6月の気温差が激しく、7月にかけて急激に気温が上昇した」と説明。東京は、今年6月は日ごとの平均気温の差が激しく=グラフ、6月と7月の平均気温の差は6・7度で調査以来最高だった。
東京消防庁管内で19年に通報された熱中症関連事故の発生場所で、住宅内に次いで多かったのは路上で半分近くが20〜60代だった。「エアコンの効いたオフィスから急に屋外に出たケースが多いとみられる」と気温差の危険性を指摘。「外ではネクタイを外すなどの対策が必要だ」という。気象庁は25日に3カ月予報を発表し、9月上旬には残暑が厳しい日もあると予報。8月後半の肌寒さから一転、熱中症が発症しやすい要因になる。「急に暑くなる日は水分や塩分を適切に補給して」とのことです。


[PR]おすすめ歯磨き粉 ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。